リクナビに掲載料を払って載せる

リクナビは人材募集としてよく見かけます。ホームページなどで求人情報を公開していて、主に学生向けとなっています。そして、企業としては、採用の時期に合わせて掲載料を支払い載せることになります。その料金としては、地域や期間などによって変わってきます。地域では都市部の企業では50万円から90万円になっています。2016年4月入社向けだと50万円でしたが、2017年4月入社向けだと90万円になります。これは、時期の関係もあり層のような料金体系になっています。そして、都市部以外であれば、2016年4月入社であれば30万円から50万円になっています。2017年4月入社では50万円から90万円です。費用は掛かりますが、いい人材を採用できるということで、大企業問わず掲載を依頼しています。この情報によって企業のことを知ってもらったり、仕事内容を知ってもらうことになります。

リクナビの掲載料を考えると

リクナビは求人情報探しの情報提供先として多くの人に知られ、利用されています。そのため、人を求めている側もここに掲載すればたくさんの人が応募してくれて、その中から優秀な人材を雇うことができると考えるでしょう。そんなリクナビの掲載料は東京、大阪、愛知や京都といった大都市では50万円、その他の都市では30~50万円という料金設定となっています。大都市の掲載料が高いのは、それだけ多くの人が見てくれること、その中からより優秀な人材を得られるチャンスが高まることなどが原因となっていると思われます。さらには、掲載される期間によっても料金は変わってきますので、人を募集するにあたってどのくらいの期間掲載しておきたいかも考えて、掲載料を検討することになるでしょう。期間が長いと料金は高くなりますが、長い期間、使えるという点で、むしろ経済的かもしれません。

掲載料が高いリクナビに載せている企業を狙うなら

求人情報を掲載する媒体は、新聞の折り込み広告から無料の雑誌、さらにはインターネットサイトまで数多くあります。有料の雑誌まで販売されているくらいですので、その掲載内容には違いがあると考えるのが妥当かもしれません。そんな中、リクナビは広く知られている求人情報媒体です。東京、千葉、神奈川といった首都圏近郊から、大阪、京都といった関西の大都市、さらには中部地方では愛知県など、とにかく大都市での求人情報に強いというイメージがあります。そのため、こうした場所で優れた人材を求める企業が求人募集を掲載することが多くなります。掲載料はそれなりにするものの、企業としては優れた人材を募集するためには必要な経費と考えているでしょう。有名な企業や一流企業での求人募集を探したいなら、高い掲載料を支払って載せているリクナビがベストです。